中学受験を成功させるためには、毎日地道に勉強を続けて、志望校の求める学力を身につけなければなりません。そのためには学習塾や家庭教師を利用する事も多いのですが、特に学習塾に通わせている家庭では、子どもの生活リズムが崩れがちになりやすく、体調不良になったり、集中力が途切れやすくなったりと、様々な問題が表れるようになるといいます。そうした状況に陥るのを防ぐためには、家族で生活リズムを維持するように協力する必要があります。

小学生のうちは、大人よりも多くの睡眠時間を確保しなければなりません。子供のうちは睡眠中に一日に起こった出来事をしっかり記録させており、睡眠時間が短くなると、自然と覚えられることが少なくなってしまいます。そのため一日に勉強したことを忘れないようにするためにも、子どもが夜更かししないようにきっちり寝かしつけて、しっかり脳に勉強内容を記録させましょう。

生活リズムの大幅な変化は、ホルモンバランスにも影響するケースがあります。例えば、若いうちに多く分泌される成長ホルモンは、身体の成長を促す効果があるので、睡眠不足や栄養不足によってホルモンバランスが崩れると、身長が伸びなくなるなど、成長に少なからず影響を与えます。さらに成長ホルモンの不足で怪我や病気が治りにくくなるケースもあるので、少しでも健康な身体を維持するためにも、過度な勉強時間の追加などはしないようにしましょう。