中学受験の勉強を、学習塾や家庭教師を利用して行うと、どこかの団体が実施している模試を受ける機会が出てきます。この模試は全国で共通の問題を一斉に行い、受験者全員の点数を確認して偏差値を作成し、各中学校の偏差値と比較することで合格圏内に入っているかを調べることができます。この模試を上手に使いこなすことが出来れば、志望校への合格率も高めることが出来るでしょう。

学習塾や家庭教師が使用する模試は、あくまで現時点での実力を量るためのもので、仮に点数が悪かったとしても、本番に何の悪影響も残すわけではありません。模試の成績がどれだけ悪くても、本番に合格すれば問題ないので、模試の点数で一喜一憂する必要はありません。それよりは間違えたところを見直して、どうして間違えたのかを考えるなど、次に繋げるための材料として活用しましょう。

模試の点数が悪いと、ついついいらだって子どもを怒ってしまう方も多いですが、必要以上に怒りすぎてもへそを曲げてしまいます。間違えたところが多かったとしても、逆に言えば正解した箇所はきちんとマスターしたということになるので、間違えたことを怒ったときは、それ以上に正解した箇所についてほめるようにして、次の模試までには間違えた箇所をマスターするために、すぐに復習をはじめましょう。