学力試験などを採用している中学校に進学するには、当然子どもに試験勉強をさせる必要がありますが、中学校の試験問題は学校のレベルによって大きく異なります。有名な進学校だと、公立の中学校や高校で習うような問題が出たり、勉強内容に囚われないひらめきが重要になる問題が出たりと、指導するのが難しい問題も多く出題されます。学習塾などでの指導により、試験を受けるだけの知識を身に付けることもできるかもしれませんが、学力を身につけるより前に、子どもの実力に見合った進学先を見つけたほうが良いでしょう。

進学先の選択は、子どもの中学校生活にとって非常に重要です。中学校にも色々なタイプがあり、子どもと校風が合わないと、想像以上に過ごしにくい環境の中で学校生活を送らなければならなくなるなど、これからの生活に影を落としかねません。理想の進学先を探すためには、まず保護者が中学校の情報を可能な限り集めて、必要な学力や校風、学費に通学時間など、様々な要素を加味した上で、子どもに会いそうな学校をピックアップする必要があります。

進学先は、親が100%決めるよりも、子どもの意見も参考にした上で選びましょう。親のわがままで学校を決めても、試験勉強のモチベーションは上がらないので、いくつか候補を見繕って、子どもが通いたいと思える学校がどれか確認すると、子どもも試験に受かれば通いたい学校に通えると、勉強をやろうという意識を持ちやすくなります。