公立中学は誰でも入学できますが、もっとレベルの高い教育を受けさせたいときは、学力試験などを採用している私立中学などに通わせる必要があります。中学受験に合格するためには、志望校が出す試験に合格できるだけの学力が必要となりますが、中学受験が未経験の場合は、前もって受験勉強について保護者が知っておくことが大切です。子どもの将来のためにも、予習はしっかり行いましょう。

中学受験の勉強は、基本的に学習塾や家庭教師が行うのが一般的といわれています。小学生が受ける問題なら自分でもできるのではと感じた保護者もいるかと思いますが、レベルの高い中学校の問題だと、公立の中学や高校で出る問題が試験問題になることもあるそうです。何も予備知識が無い小学生に指導するのは、素人では難しいとされています。その点、学習塾などでは、多くの生徒を合格させた実績があるので、安心して指導を任せることが出来ます。

受験勉強をスムーズに進めるためには、専門家のサポートが最も有効ですが、だからといって親が子どものために何も出来ないというわけではありません。脳を育てるための栄養満点の食事や、十分な睡眠時間は、親が料理を用意して、子どもを寝かしつけないと得られないので、保護者が子どもの生活を管理し、健やかな成長をサポートするのが最も大切な仕事といえます。