中学受験で最も大きな障害が、様々な形で表れるストレスです。子供のうちから受験勉強をさせると、友達と遊びに行けなくなったり、慣れない塾通いの生活で疲れが溜まったりと、どんどんストレスを溜めていってしまい、最終的には勉強に対する意欲も失われてしまいます。そのまま放置すれば、受験を突破するのはまず不可能になるので、勉強を続けてもらうためにも、家族でストレス発散をサポートしてあげましょう。

受験勉強のストレスを発散させるなら、ストレスの元から距離を開けるのが一番確実です。定期的に塾も自宅学習も無い時間を作り、思い切り遊ばせるだけでもストレスはおおいに発散されます。中には学力が上がらないと連日勉強させる方もいますが、そうして無理に勉強させるよりも、定期的に休んでリフレッシュしたほうが、身体や心に掛かる負担は少なく、頭に入る知識も多くなると言われています。

ストレスの発散は、家族で協力して行いましょう。一人で家で遊ばせるだけでなく、たまに家族で旅行に出るなど、普段しない経験をさせることで、ストレスの発散と情操教育を同時に行うことができます。中学受験は二人三脚と呼ばれているように、子どものトラブルの元は家族全員で取り除き、一緒に中学受験に取り組んでいくようにしましょう。