子どもの将来を考えると、やはり学力はそれなりのものを持たせてあげたいものです。将来の目標が決まったとしても、はじめから高い学力を持っていれば、進学先の選択肢も広がります。中には自分が夢を叶える事が出来なかったから、子どもには夢をかなえたもらいたいと、かつて自分が進もうとした道を進ませようとする家族もあるといいますが、進学先の決定については、ちゃんと子どもの気持ちも考えた上で結論を出しましょう。

中学受験は無理やりやらせて成功できるものではありません。特に名門中学と呼ばれるようなところは、子どもから積極的に勉強しようとする意欲を持たない限りは、スタートラインに立つことすらできないと思ってください。子どもの意見を聞かないままに無理やり勉強させたとしても、ただ子どもにストレスを与えるだけで、成績の伸び具合も頭打ちになってくるでしょう。

中学受験をさせようとお考えの方は、子どもがある程度成長したころに、学校の選択についてしっかり教えて、子どもが通いたい学校がどこか聞いてみましょう。いくつかの候補に絞り込んだ後でも構いませんが、少なくとも子どもの意見が一切通っていない状態で中学受験はさせないようにしましょう。