よりレベルの高い中学校に入学するためには、中学受験に合格しなければなりません。小学校のうちから受験勉強を始めるのは、小さい子供にとっては非常に大変な行為で、勉強時間に友達と遊べなくなるなど、フラストレーションが溜まることがどんどん増えていきます。普段の暮らしの中でつくせきされたフラストレーションは、心と身体の負担に繋がっていき、最終的には勉強の意欲をなくし、受験勉強もしなくなってしまいます。

受験勉強の最中、子どもに掛かるフラストレーションは、定期的に解消させていかないと、すぐに勉強に支障をきたします。高校受験などなら自分で発散する方法も見つけ出せるでしょうが、小学生のうちはそこまで精神的な成長も望めないので、負担も溜まりやすくなっています。そうした負担を解消するためにも、休日には遊びに行くなど、家族でガス抜きが出来るよう菜方法を考えてみましょう。

中学受験を成功させるためには、家族で負担を分担しあうことが大切です。子どもの負担はもちろん、他の家族がいる時も悩みについて話し合うなど、負担を分散しあえる生活を送ることによって、自然と心にも落ち着きが生まれ、家族間の仲も向上しやすくなるといいます。特に試験間近になると、子ども大屋も神経質になりやすくなるので、家族で負担を解消して、二人三脚で試験合格を目指しましょう。