子どもの将来を決める上で、学力が与える影響は決して小さくありません。将来の進路がそれ相応の学力を求めている場合、現時点での学力と差がありすぎると、とても受験日にまでに勉強が間に合わなくなるでしょう。中学校の時点である程度レベルが高い中学校に通っていれば、高い学力の差が縮まり、ある程度余裕を持って受験勉強を行うことが出来るので、子どもには受験の大切さをしっかり伝えるようにしましょう。

中学校の試験勉強を始めるのは、遅くても小学校5年生ごろになることが多いといいます。そのころには勉強についての重要性も理解し、受験に対しても理解することも出来ているはずなので、受験勉強を始める前に、受験の大切さをしっかり伝えましょう。子どもにそうした知識を教えずに、勝手に志望先を決めて受験勉強をさせても、子どものモチベーションは中々上がってくれません。

受験の大切さを伝えるのは、子どもの勉強へのモチベーションを維持するだけでなく、家族と自分の受験に対しての意識のすり合わせを行うという意味があります。受験に対しての意識にずれがあると、受験勉強を始めた時に勉強に力を入れなくなり、親の指導も空回りに終わってしまうことが多くなるので、そうした事態を防ぐためにも、受験の大切さは早いうちにしっかり教えるようにしましょう。