中学受験を突破するためには、それ相応の学力が求められます。小学生のうちから受験勉強をさせるのは苦労することも多く、レベルの高い学校だと親が指導するのも難しい問題がどんどん出てきます。そのため勉強の指導については学習塾や家庭教師を使うことが多く、親のサポートは子どもにピッタリの学習塾を選ぶことが、最も重要なサポートといえます。

学習塾や家庭教師は、勉強を指導するという点は共通していますが、指導内容は別の形を取っています。学習塾や集団を一度に指導する形を取っており、さらに分類分けすると、学校の授業と似たスタイルを取る集団塾と、定期的に生徒の様子を見て、マンツーマンに近い形で指導を行う個別指導塾があります。家庭教師は生徒一人につき講師が一人付くスタイルで、いずれのスタイルを子どもの適正に合わせて選択します。

学習塾や家庭教師では、中学受験にあわせた指導プランを用意しており、子どもの適正に合わせて利用する事で、効率良く勉強することができます。さらに塾によって講師の質にも差があるので、学習塾や家庭教師を利用する際は、必ず面談などを通してサービス内容や講師の雰囲気を確認してください。子どもに合う学習方法を見つけられれば、合格の可能性も高まるでしょう。