中学受験では、意外なほど焦りが足かせになることが多いといいます。中学受験で人生が決まるとは言いませんが、志望校で勉強させる計画が崩れるのは、今後の人生計画に変更点が出る可能性にも繋がることもあるでしょうし、そうした事態は避けたいと焦りを感じる方もいるかもしれませんが、そうした焦りが子どもに伝達すると、成績が伸び悩むなどの実害が出ることが多いので、変に焦りすぎないように注意しましょう。

試験が近づいて焦りが生まれることはあるかもしれませんが、普段の暮らしでもそれが感じられるのは考え物です。そのままだと精神状態にも影響が出かねないので、万が一のことが起きても焦らないように保険を用意しておくのも一つの手です。志望校を選ぶにしても、第一候補に落ちてしまった後の事を考えて、滑り止めを用意するのも、焦りを抑える上で役立ってくれます。

中学受験は二人三脚と呼ばれており、家族は子どもをサポートし、子どもは親の目標を目指すという相互関係で成り立っています。そんな状態で親のほうが必要以上に焦って、子どもと一緒に総崩れになってしまっては笑い話にもなりません。中学受験はあくまで通過点と割り切って、逆に子どもが焦っているようなら、落ち着いて過ごすように諭すだけの余裕を持ちましょう。