中学受験は小学校では習わないような難しい問題がどんどん出てきます。そのため子どもが音を上げて、成績が伸び悩んでしまうことも多いそうです。さらに小学生のうちは受験の重要性を理解していないことも多く、受験が大事と考える親との温度差が意外なほど大きくなっている事も珍しくありません。このまま足並みが揃わないと、いつまでも合格圏内に達することが出来ないので、子どもには程よい緊張感を持たせることが大切です。

中学受験のための勉強を始める前に、一度子どもと中学校のことについて話す機会を設けてください。子供だからと全て自分で手続を済ませても、子どもが頑張ってくれるとは限らないので、何度でも説明して、中学校を選ぶことは非常に大事だということを認識させましょう。中学受験の重要性についてわかってくれれば、勉強に対しても真剣に取り組んでくれるでしょう。

勉強に真剣に取り組んでくれるようになった後は、過度な緊張状態に陥らないように注意を配りましょう。子どもは周りの雰囲気に呑まれやすく、親が受験ギリギリでナーバスになると、それに追随するように落ち着きがなくなることが多いそうです。そうなれば本番になって実力を発揮できなくなる可能性もあるので、子どもの前では平静を保つように気を配ってください。