公立中学校はどんな生徒でも入学することが出来ますが、その分勉強の内容も多くの人に合わせたものになっており、学力が劇的に向上することはありません。より高度な勉強をさせて、高い学力を身につけさせたい時は、学力試験などを採用している中学校に通わせる必要がありますが、中学受験の勉強は小学生が独自に行うには難しすぎるので、家族でサポートしてあげなければなりません。

中学受験を成功させるためには、家族間のコミュニケーションに気を配る必要があります。勉強を教えるだけなら、学習塾や家庭教師に依頼するだけで事足りますが、学校や学習塾での悩み事など、家族でなければ相談できないことはたくさんあるので、普段の暮らしで起きた問題にはしっかり対処できるように、子どもとしっかり話す機会は必ず設けるようにしましょう。シングルマザーのように仕事がある場合は難しいかもしれませんが、少しの時間話すだけでも、子どもの精神衛生上にはプラスになってくれるはずです。

中学受験中のコミュニケーションは、過度になり過ぎないように気をつけましょう。勉強の間も付きっきりで指導するなど、過干渉は子供の成長の妨げになってしまいます。子どもに付きっきりになるのは何か悩みがある時だけにして、それ以外の時には適度な距離感を意識して、二人三脚で中学受験を突破しましょう。