中学受験は、高校受験とは異なり、親の意志がより強く反映する受験といわれています。小学5年生や6年生になれば、ある程度の自我も芽生えますが、まだまだ将来について考えるには経験も知識も不足しているので、志望先の選択や受験勉強の計画立てなどは、親がほとんど済ませることが多いです。ですが、中学受験は子どもの自立を促す大きなきっかけにもなるので、ある程度の準備を済ませた後は、時折距離を置くように意識しましょう。

中学受験を進める上で、特に距離を置くべきタイミングとされているのが、自宅での勉強時間といいます。特に学習塾や家庭教師の講師は、自分達の指導方法と、親の独自の指導法が子どもの中でごちゃごちゃになるのを防ぎたいと考えており、自宅学習の際は付きっきりで教えるようなサポートは避けるように指導しています。実際子どもに時間を掛けてじっくり問題に取り組ませるほうが、最終的に覚える知識量は増えるので、ペースが遅くても我慢して、音を上げるまで様子を見てあげましょう。

中学受験は二人三脚で行うものといわれていますが、そのサポートの仕方はよく考えなければなりません。過干渉は成長の妨げになり、ひいては学力の向上の妨げにも繋がるので、子供の成長を促すことが出来るよう、勉強は専門家に任せて、普段の食事や、早く寝かせるなどの生活に関するサポートを重視するなど、自分に出来るサポートを実践しましょう。