中学受験を突破するためには、家族での連携が必要不可欠です。二人三脚の精神で子どもの勉強をサポートしないと、子どもも勉強のモチベーションを保てないどころか、受験すら拒否するようになるでしょう。さらに言えば、二人三脚で受験勉強に挑もうとしても、家族だけではどうすることも出来ないことも多いので、より確実に受験に合格するためにも、周りの力もたまには借りるようにしましょう。

中学受験で周りの力を借りる機会があるとすれば、多くの家庭が利用している学習塾や家庭教師の指導でしょう。中学受験を突破した生徒を数多く指導してきた学習塾や家庭教師なら、難易度の高い中学受験についてもしっかり対応してくれます。自宅学習での親の指導方法についてもレクチャーしてくれるので、初めて中学受験を経験するという方は、是非相談してみてください。

子どもの勉強だけでなく、普段の生活についても、可能であれば周りの力を借りてみましょう。例えばシングルマザーやシングルファザーは、仕事が原因で家族のための時間を作れないこともよくありますが、祖父や祖母といった身内に相談して、子どもの食事や家事といったサポートをお願いすることも出来るはずです。もちろん限度はありますし、自分が力を借りた分は、何か別の形で感謝の気持ちを返すようにしましょう。