中学受験対策は、小学校の授業とは全く異なり、より難易度の高い内容となっています。そのため準備期間は少なくとも2年間は用意しておきたいといわれており、その間は学習塾や家庭教師を利用する方が多いそうです。自宅学習もそれなりの時間を置かないと試験に間に合わないそうですが、自宅学習は親がどれだけ干渉すれば良いのでしょうか。

受験勉強といっても、小学生では集中力も途切れがちですし、分からない問題も多く出るので、多少のサポートを親がすることは必要なことではあります。しかし学習塾などの解法とは違う方法を説明したり、間違えたら叱るなどの深い干渉があると、そうした行動によって子どもが余計に悩むようになり、学習意欲も低下しやすくなるといいます。

子どもの学習をサポートするなら、まず過干渉を防ぐように心がけ、学習塾などともしっかり連携するようにしましょう。学習塾の大半は、定期的に保護者との面談の機会を設けているので、自宅学習のサポートについて前もって相談しておけば、学習塾の指導法に合わせたサポートを行うことが出来るようになります。中学受験は二人三脚といわれてはいますが、過度にくっつくとバランスを崩して転んでしまうので、適度な距離感を守るようにしましょう。