中学受験は子ども一人に努力させるものではなく、家族が一緒になってサポートして始めて成功します。そのため中学受験は二人三脚で行う受験と言われていますが、二人三脚で行うものという意識が過干渉のきっかけとなるケースも多く、かえって受験の妨げになったり、子どものモチベーション低下に繋がることもあります。そうしたトラブルを防ぐためにも、それぞれの舞台を意識して、邪魔にならないサポートをしていくことが大切です。

中学受験の際は、子どもの勉強を見るべきか迷うという意見がよく見られます。基礎的な問題なら解説することも出来るでしょうが、学校のレベルによっては中学、高校で習うような問題を解説する必要も出てくるので、正しい解説をするのは難しいでしょう。そのため勉強は学習塾や家庭教師の講師に任せて、家族は毎日の食事や悩みの相談など、家族だからこそ出来るサポートに力を入れたほうが良いという意見も見られます。

受験勉強を行なうのは当然子どもですが、学校によっては保護者面接を行うこともあるので、受験時期が近づいたら面接対策をしておいたほうが良いでしょう。小学校受験の保護者面接よりは重要度は低いといわれていますが、学校によってはシングルマザーなど、少し特殊な家族については、プライベートな質問をされることもあるといいます。シングルマザーに理解がある学校を探すなら、過去の面接の様子についても調べておきましょう。