中学受験に合格するためには、当然子どもに勉強させて、多くの試験問題を解ける学力を身に付けさせる必要がありますが、だからといって親が何もしなくいいというわけではありません。中学受験は家族全員で協力しあって始めて合格できるもので、どちらか片方でも努力が足りなければ、合格の芽は出てこないと思ってください。子どもの将来のためにも、できることはすべて行いましょう。

中学受験を突破するためにも、家族で受験のことについて話し合うことから始めてみましょう。親にとっては子どもの将来の選択肢を広げ、より充実した人生を送らせる、非常に重要なターニングポイントでも、子どもにとってはそれほど大きな問題と思っていないことのほうが多く、家族間の意識のずれが結果的に家族の不仲に繋がるなどのトラブルの元となることがあります。そうした事態を防ぐためにも、受験をすることでどんなことが起こるのか、きちんと子どもに説明してあげましょう。

受験勉強を行う時期になると、学習塾や家庭教師の指導を受けるなど、子どもにとっては辛い時期が始まります。この時子どもに溜まるストレスは決して小さなものではないので、家族で協力してストレスを増やさず、発散出来る機会を設けることも大切です。勉強中は静かにしてあげるような小さな事から、休日に家族で出かける時間を作るなどの大きなイベントを用意するのも、子どものストレス発散に繋がります。